So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

何故、日本では「借金は返すもの」という共通認識なのか? [購入物全般]

徳政令 なぜ借金は返さなければならないのか (講談社現代新書)

徳政令 なぜ借金は返さなければならないのか (講談社現代新書)

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/08/22
  • メディア: Kindle版


 この本の内容は、副題「なぜ借金は返さなければならないのか」がメインです。
 今の大抵の日本人は「借金は返すもの」という共通認識が当たり前ですが、現代社会においても、それが当たり前でない国家や地域が結構あるというのも、発展途上国や失敗国家の状況とか深く調べると判ってきます。
 何故、日本でそんな認識が産まれたのか?というのを、室町時代に濫発された借金取り消しの「徳政令」の流れで解説しています。

 簡単に、この本の主張をまとめると、徳政令とは元々は民衆レベルでの借金取り消し運動だったが、回を重ねる事に室町幕府が財政の為に手数料取るようになって、幕府官僚とアクセスしやすい上層階級の資産集積に用いられるようになり、応仁の乱以降は武士による民間からの略奪の正当化に用いられるようになって、頻発する幕府内の内乱で恩賞替わりに徳政令乱発。その多数の徳政令による棒引きを防ぐために、簡単な借金や定例的な寺社への寄付でも何通も複雑な借用状を書くようになり、みんな飽き飽きしたから、日本人は借金は返すものという認識が定着した、というものです。
 もう、この本で取り上げられる室町時代後半の借金の事例が複雑すぎて、嫌になってきます。
 あと普段どんなに親しい関係であっても「借金の棒引きが可能」という状況ならば、伝来の良好な関係ぶち壊してでも、お金の決着をつけてしまったという事例も多く紹介されていて、徳政令は社会そのものの信頼性をギズギス落としまくったのが判ります。

 発展途上国や崩壊国家の特徴の一つとして「手軽な借金が、制度的にも社会慣習的にもコネが無いと大変に難しい」というのがありますが、まさしく徳政令濫発時代の日本は、その状況になっています。
 妄想ですが、日本で借金の連帯保証人の責任が世界的に厳しいのも、ここら辺に原因ありそうです。

 「徳政令濫発で社会的及び経済不安を引き起こし、権威喪って滅びる室町幕府」という見方も斬新で、世界の他の国家の経済状況と比較したりで、経済学的にも話が色々と発展できそうです。


nice!(1)  コメント(0) 

皇室関係の食事についての本 [購入物全般]

天皇・皇后両陛下ご成婚60年記念 宮中 季節のお料理 (扶桑社BOOKS)

天皇・皇后両陛下ご成婚60年記念 宮中 季節のお料理 (扶桑社BOOKS)

  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2019/04/28
  • メディア: Kindle版

 この本は現在の皇室における食事とそれに伴う儀礼を、カラー写真付きで紹介している本です。
 昔からの皇室関係の食事や、日本の歴史上の儀礼的食事に興味がある人なら、「絶対」に読むべき本かと。
 まず、いきなり最初に紹介されるのが、新年一番で搗栗、昆布、熨斗鮑のセットで、その食事について天皇が行う新年儀礼が書かれてます。
 平安時代の様式な、飯を固めて高盛りして、料理を小皿の調味料で自分で味付ける「本当の伝統の宮廷料理」も、カラーで紹介されています。
 もっとも、紹介されている昔の形式の食事は、実際には天皇が食べず、儀礼的なお供え物が多いです。
 天皇、皇后が実際に食べる料理は量も少なめで、沢山作って残すなんてことはないんですね。
 あと、食事で結構新しい「皇室の伝統」も多くて、伝統が日々生まれ続けているというのも実感できます。

 良い本ですよ。

nice!(0)  コメント(0) 

生存してます [戯れ言]

 もはや何回目のセリフとなるのか判りませんが、久々の更新です。
 PCのHDDがクラッシュしてたのが大きいですが、今や「PCが無くても、あまり困らない」ので、即座の修理をしなかったのが、ここまで遅れた原因です。
 
 GWはコミック1と博麗神社例大祭に行ったり、家族サービス少ししたり以外は、溜まった積読とか再読とかやってました。
 「紅殻のパンドラ」とか再読したり、アニメ版まで見直してしまったり。
 しかし、アニメ化された第一部のオチは今見ても大爆笑ですね。
 これで、しっかり紅殻の後の時代になる攻殻機動隊とアップルシードの雰囲気もちゃんと残ってると。
 
 今やっているスマホのゲームは、FGO、アズールレーン、ドールズ・フロントオンラインの3つだったりします。
 1月下旬から開始したドルフロのシステムについては、「システム的に洗練された艦これ」というのが、大変に近いですので、艦これに慣れ親しんだ人なら、スムーズにプレイできるでしょう。
 というか、艦これが第二期になっても、任務を手動で選択しなくてはならないなんて、ユーザーインターフェイス悪すぎ。
 しかしドルフロは他の指揮官をランダム訪問しても、最後のアクセスが99日以上前なユーザが多くて、辞めたプレイヤーが、かなり多いのではと心配になります。実際は艦これの方が大変なんでしょうけど。

 なろう系の小説では「予言の経済学2」「航宙軍士官、冒険者になる2」「異世界のんびり農家5」が3月末前後に出てました。どれも、思わず、なろうの原作の方を読み返してしまうくらいには、書籍版の方も出来は良くて安心しました。なろう原作面白いけど、書籍化してダメになった書籍化も多いですから。
 もしくは原作のなろう系では面白い作品でも、売れなくて打ち切りになってしまう作品も多いです。明らかに原作の良さを書籍版では生かせないのもありますから。
 特に「予言の経済学」は、これからの話が、かなり長いだけに大変に打ち切りが心配。ラノベ系としては珍しく表紙以外は挿絵も無いスパルタンな作りな本ですし。
 
 そんなわけで、まだ生きてます。

nice!(1)  コメント(0) 

軍事組織的な方面からのローマ帝国史 [購入物全般]

古代ローマ 軍団の装備と戦法

古代ローマ 軍団の装備と戦法

  • 作者: 長田 龍太
  • 出版社/メーカー: 新紀元社
  • 発売日: 2019/02/06
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

 この本を簡単に言うと軍事組織的な方面からのローマ帝国史ですね。
 こんな本を読もうとする人間は「ローマ帝国って何?」というレベルなのはあり得なくて、ローマ帝国に関して、それなりの知識を持ってる人たちばかりでしょうから、「こちら方面の切り口もあるのか?」と興味深く読めるでしょう。

 「これ読むような人は、それぐらい判ってるだろう」といわんばかりに、一般的な説明をすっ飛ばしてますし。

 あとローマ帝国軍が国民徴兵ではなく専門化してから、いかに一般民衆から金をタカリまくって嫌われる存在だったのかも、書かれててます。帝国消滅寸前の末期ではなく帝国全盛期の頃から。
 昔の中国と同じく、ヘタすると反乱軍や異民族より、政府の官軍の方が怖いという状況なのは、どうしようもないなあと。

 こういうローマ帝国軍事本では、実戦部隊組織だけが解説されがちですが、日常生活や事務部門についても詳細に説明されてます。
 軍営での一般下級兵士の居住環境は現代の目から見ると、かなりの最悪レベルですが、これでも貧民とかよりはマシだったのでしょう。
 怖いのは一般兵卒への給与支払の記録が、帝国末期になると消えるという話で、つまりは実際にも支払われてなくて、社会に悪影響及ぼす別のもので置換されていたんだろうとの思いが。

 それと帝国末期になると、部隊編成や役職に、訳の分からない独立部隊的なのや恒常化した臨時官職がやたらと増えているのは、国の滅亡寸前だなあという感じがします。実際の実効性とかも、滅亡寸前な失敗国家についての知識あるなら「御察し」できるでしょう。


nice!(0)  コメント(0) 

スマホの世界も停滞しつつあるのですね [購入物全般]


 これまで使っていたサブスマホのXperia Compact Xが突然充電できなくなってしまって、修理ショップに持ち込んだら「内部への水漏れです。修理不能」と突き放されてしまったので、急遽交換しました。

 「Xperia Compact Xとスペックが同等以上で安くて中国製でない」という条件を満たしているのは少なくて、結局バランスのとれたこちらに。
 使い勝手は悪くないです。もっと良いのは予算の面でダメでしたし。

 しかし、スマホを拒絶して昔ながらの携帯を使い続ける人の言い分の一つに「しょっちゅうモデルチェンジとかするスマホ嫌だ」というのがありますが、今回交換して実感したのは「スマホの進化もかなり停滞してて昔のモデルが売ってる」ので、未だにスマホにすら嫌悪感持ってる人は二重の意味で遅れてるんだなあと。

nice!(0)  コメント(0) 

編成って大事です [購入物全般]

日本海軍の艦隊編制と海戦ガイド: 作戦行動部隊のしくみ

日本海軍の艦隊編制と海戦ガイド: 作戦行動部隊のしくみ

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 大日本絵画
  • 発売日: 2018/12/20
  • メディア: 大型本

 この本は太平洋戦争中の日本海軍の編成を、戦争時期のそれぞれで解説してます。

 海軍の艦隊編成って、陸軍のある程度きっちりとしたピラミッド形式とも、ちょっと違いますので、部隊編成とかを見て「ハアハア」できる私のような人種には、「出てくれてありがとう!」といった感じの本です。
 そりゃ、戦局の各時点の艦隊編成とか調べれば分かりますけど、こういう1冊にまとまったのって、最近出た本では無かったと思いますので。

 しかし、よく言われる事ですが、日本海軍の編成って昭和19年くらいから艦船が少なくなって、航空隊が増えてるんで、海軍というより空軍の編成にしか思えないのが、良く実感できますね。

nice!(0)  コメント(0) 

武士の起源を解きあかす [購入物全般]

 
武士の起源を解きあかす ──混血する古代、創発される中世 (ちくま新書)

武士の起源を解きあかす ──混血する古代、創発される中世 (ちくま新書)

  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2018/11/10
  • メディア: Kindle版

 この本は武士の起源についての本です。
 個人的には個々の事例の解釈に「いや?それは違うんじゃないのかなあ?」と思ってしまう事も多いですが、目の付け所が上手くて「その観点があったか?」という気付きが多くて参考になって面白いです。

 序章で書かれている、この本が書かれた理由の一つとして、20年以上前に高橋昌明氏が唱えた「武士の起源は地方ではなく。朝廷の中央武官からだ」という説が全然検討されず、話が進んでいない!という著者の怒りです。
 私もそれに関しては全面的な同感だったりもしてます。

 著者が、この本で書いているのは古代の律令体制の始まりから、平将門の乱に至るまでです。
 平安時代の後半が。「平安」でも何でもない「自力救済」の世界な事は、歴史多少齧ってる人なら、お判りでしょうが、この本では「そもそも平安時代は始まった当初から平安でも何でもない」というのを、これでもか、これでもかと書いています。

 著者本人の結論に誘導するために、途中の章で語らずに、最後で語るような筆回しも多いですが、読んで大変に刺激を受ける歴史本でした。

 この本の歴史感は、他の事項にも色々と発展できそうな気もしますし。


nice!(0)  コメント(0) 

航宙軍士官、冒険者になる 書籍版

航宙軍士官、冒険者になる

航宙軍士官、冒険者になる

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / エンターブレイン
  • 発売日: 2018/11/30
  • メディア: Kindle版

 原作はなろう系でかなり面白い作品だと思ってて、私もかなり気に入ってますが、こちらも書籍化。
 出版社も電車広告に力入れてて、すぐに重版が決まったようで目出たいです。
 これですぐの打ち切りは無いでしょう。
 
 しかし、なろう系のイラストが、キャラのイラストのイメージと合わないことは日常茶飯事ですが、この作品でも表紙にもあるクレリアの風貌がつり目なのはちょっと意外でした。つり目なのはエルナの方が強かったので。
 次の巻で、この作品の特徴の壮大すぎる目標が出てきますね。
 一見、料理系にしか思えないこの作品の特徴が表れることに。

nice!(0)  コメント(0) 

予言の経済学 書籍版 [購入物全般]

予言の経済学 1 巫女姫と転生商人の異世界災害対策 (レジェンドノベルス)

予言の経済学 1 巫女姫と転生商人の異世界災害対策 (レジェンドノベルス)

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/11/07
  • メディア: Kindle版


 去年のなろう系でもベストの作品だと思ってた作品が遂に書籍化。
 嬉しいですが、なろう系の書籍作品って、売れなかったらさっさと打ち切られてしまうんで、それが心配です。


 話としては、原作の第1章をボリュームアップして書籍化してます。
 テンプレ的な転生最初のところのところを省略しまくったスピーディさが、この作品の魅力の一つでありましたが、多少の世界説明とか入るのは仕方ないかと。
 別に書籍版になって面白さが落ちてる訳でもないですし。
 あと表紙以外の挿絵イラストが無いレーベルので、他のキャラとかがどんな風貌なのか判らないので、ちょっと残念ではあります。
 次の2巻で話の根幹となるセントラル・ガーデン結成なんですが、この分だとメンバー全員のイラストが出てくるのに、どれだけかかるのやら。



 

nice!(0)  コメント(0) 

公務員が議会対応で困ったら読む本 [購入物全般]

公務員が議会対応で困ったら読む本

公務員が議会対応で困ったら読む本

  • 作者: 田村 一夫
  • 出版社/メーカー: 学陽書房
  • 発売日: 2018/04/19
  • メディア: 単行本

 Twitterの一部で話題になってたので、つい買ってしまった本です。
 題名の議会対応について書かれている本ですが、結果的に著者の意図とは違って、日本型大組織の下っ端や中間管理職として角が立たない生き方についての適切なバイブルになってる感じがします。
 これ議会だけじゃなくて、民間会社の役員会とかお偉いさんへの対応にも使えそうです。
 「方向性変わってない筈なのに、上司が前任者と違う方向性で答弁している」「馬鹿な質問に相手の顔を潰さずに返答」とかの対応など、あらゆる組織の勤め人にも役に立つ事例が多いですし。


 あと書かれている内容をざっと要約すると、基本的に「嘘つくな」「筋は通せ」「失敗はさっさと直せ」「根回しは重要だが、話通す順番とか各所のメンツ考慮しろ」「上の派閥争いからは距離置け」「常に共同作業を心掛けろ」とか、当たり前といえば当たり前なのが多く、不正とか汚いやり方とかは書かれていないのに極めて実践的な本です。

 下手な自己啓発本なんて読むよりも、この本を読んで、自分の仕事内容に当てはめた方が遥かに生活に役に立つのではないかと思える本でした。
 ただ、ある程度の規模の組織での社会経験無いと、この本の凄まじさが判らないのではと思う時も。

nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | -