So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

公務員が議会対応で困ったら読む本 [購入物全般]

公務員が議会対応で困ったら読む本

公務員が議会対応で困ったら読む本

  • 作者: 田村 一夫
  • 出版社/メーカー: 学陽書房
  • 発売日: 2018/04/19
  • メディア: 単行本

 Twitterの一部で話題になってたので、つい買ってしまった本です。
 題名の議会対応について書かれている本ですが、結果的に著者の意図とは違って、日本型大組織の下っ端や中間管理職として角が立たない生き方についての適切なバイブルになってる感じがします。
 これ議会だけじゃなくて、民間会社の役員会とかお偉いさんへの対応にも使えそうです。
 「方向性変わってない筈なのに、上司が前任者と違う方向性で答弁している」「馬鹿な質問に相手の顔を潰さずに返答」とかの対応など、あらゆる組織の勤め人にも役に立つ事例が多いですし。


 あと書かれている内容をざっと要約すると、基本的に「嘘つくな」「筋は通せ」「失敗はさっさと直せ」「根回しは重要だが、話通す順番とか各所のメンツ考慮しろ」「上の派閥争いからは距離置け」「常に共同作業を心掛けろ」とか、当たり前といえば当たり前なのが多く、不正とか汚いやり方とかは書かれていないのに極めて実践的な本です。

 下手な自己啓発本なんて読むよりも、この本を読んで、自分の仕事内容に当てはめた方が遥かに生活に役に立つのではないかと思える本でした。
 ただ、ある程度の規模の組織での社会経験無いと、この本の凄まじさが判らないのではと思う時も。

nice!(1)  コメント(0) 

高砂義勇兵について決定版の書籍 [軍事]

日本軍ゲリラ 台湾高砂義勇隊 (平凡社新書0886)

日本軍ゲリラ 台湾高砂義勇隊 (平凡社新書0886)

  • 出版社/メーカー: 平凡社
  • 発売日: 2018/07/13
  • メディア: Kindle版

 太平洋戦争での日本の南方戦線の戦記には「高砂義勇兵」という単語が頻出します。
 台湾先住民で編成された、その部隊は、日本人兵士の個人的回想群では自軍の精鋭として「畏敬」を持って語られていますが、断片的な資料は多数存在しても、包括的な資料としては、彼らが「何者?」という資料はほとんど無いです。
 この本は恐らく初めての包括的な資料で、編成元となった台湾先住民の解説、誕生経緯や悲惨な戦闘、戦後の経緯までが一括で書かれていて、「高砂義勇兵が知りたければ、この本を読め」という決定版です。

 性質上、陰鬱な記述ばかりではなく、ニューギニア戦線での人肉食とか、日本人士官や下士官への反抗とか暗い話も多いです。
 戦中に地獄を見たのに、戦後に台湾を領有した国民政府に徴兵されて大陸の国共内戦に投入されて,共産側の捕虜になって、文化大革命で総括されまくったという悲惨な人生を送った人もいます。 
 

 戦後70年以上経って、関係者の殆どが死んだ今だからこそ出せた本なのかもしれませんが、「歴史の闇の側かもしれないが、彼らは確かに、この世界に存在して活躍した」というのを思わせてくれる本です。
 良い本が出ました。

nice!(0)  コメント(0) 

いまさらですがソ連邦 [購入物全般]

いまさらですがソ連邦

いまさらですがソ連邦

  • 出版社/メーカー: 三才ブックス
  • 発売日: 2018/10/04
  • メディア: Kindle版


 ソ連という国全般についての解説本。
 題名通り「いまさらですが」な本でもあります。
 著者が速水螺旋人センセと津久田重吾センセという、今の日本でソ連を語るなら、この人たちしか居ないでしょう、というレベルなので、面白くない訳がありません。

 ソ連という国全般について堅苦しい解説だけではなく、日常生活分野からの視点を強く語ってます。
 でも、これ「滅んでしまった国」だからこそ、異世界ツアーガイドとして、ぶっちゃけで語れるというのが大きいですね。

 何十年経っても、ソ連という喪われた世界の解説書として価値は残り続ける本かと。
 

nice!(0)  コメント(0) 

どうしても破滅したくない悪役令嬢が現代兵器を手にした結果がこれです [戯れ言]

 どうしても破滅したくない悪役令嬢が現代兵器を手にした結果がこれですが、無事に完結しました。
 主人公が、かなり酷いこともやらかしてますが、自分の思い込みによる過剰な自己防衛で頑張るけど、その方向がずれまくっているというギャグ系悪役令嬢のテンプレ的展開が良い意味で生き生きとしてて、肩ひじ張らずに軽く読める佳作でした。

 あとは、ここ数か月で一番熱いのは問答無用で現代社会で乙女ゲームの悪役令嬢をするのはちょっと大変かと。
 日本に華族制度を残すために、ちょっと歴史改変したけど、基本的なところは史実日本と同じな、1990年代中盤から2000年代リーマンショックくらいまでの、バブル崩壊後日本経済をテーマにした歴史改変の話で、いざネタにされると最近とは言え、色々と凄い時代だったんだなと。
 偶に挟まれる、この世界の新聞記事や雑誌記事や2ちゃんまとめ的な話も。妄想が膨らんで燃えます。
 今でも基本的に毎日朝7時に更新されているので、毎朝の楽しみではあります。
 最近のお話は、この世界での911関係ですね。

nice!(0)  コメント(0) 

レイジングループをクリア [ゲーム]


 色んなところで評判が良かったゲームを、後日談&2周目の裏解説ありでクリア。
 多分、プレイ時間は40時間程度。

 大変に面白かったですが、各所のレビューで語られてるように、このゲームについて何か語ろうとするとネタバレになりかねないので、ストーリーについて語るのが極めて難しかったりします。
 膨大な悲劇を試行錯誤したうえでの、ループ物での最終的解決は爽快でしたが。
 2周目で見られる、主人公からは判らなかった各キャラの思いや裏での行動も「ああ、そうだったのか!」と沢山気づきがあってよかったです。
 ループ物が嫌いじゃない人でしたら問答無用でお薦め。
 あとH方面も含めて二次創作とか幾らでも出来そうな話です。


 しかし、ゲームの解説書である、この本も熱すぎます・
 作り手が本当に楽しんで作ってるんだな、ということが読んでて判りますし。

 出来の良いゲーム解説同人誌を読んでる気分です。


レイジングループ完全読本

レイジングループ完全読本

  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2018/03/30
  • メディア: Kindle版


 あと、この本は後日談まで完全にクリアした人が読むことを前提にした作りなので、それまでは読んではいけません。
 最初のキャラ紹介からして完全なネタバレですし。
 外伝の2つの短編小説も、「ゲーム中で語れなかったループ」としてかなりの出来かと。

nice!(0)  コメント(0) 

3巻で完結してました [購入物全般]

子育てビフォーアフター 3 (BUNCH COMICS)

子育てビフォーアフター 3 (BUNCH COMICS)

  • 作者: 吉川 景都
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2018/06/09
  • メディア: コミック
子育てビフォーアフター 3巻(完) (バンチコミックス)

子育てビフォーアフター 3巻(完) (バンチコミックス)

  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2018/06/09
  • メディア: Kindle版

 同じくらいの子供を持つ身として、色々と「あるある」と面白くかつ精神的に同感できたコミックが3巻で完結しました。
 まだ、いつまでも続けられる作りではありますが、ここくらいで切った方が良いかもしれません。
 次は、作中でも少し語られた母親の死を描いた、さよならわたしのおかあさんですか。
 こちらの単行本化は、まだかなり先そうですが、ネット版のを興味深く読ませてもらってます。

 

nice!(0)  コメント(0) 

今日の購入本(2018.5.27) [購入物全般]

工作艦間宮の戦争──新・航空宇宙軍史

工作艦間宮の戦争──新・航空宇宙軍史

  • 作者: 谷甲州
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2018/05/17
  • メディア: 単行本

 Kindle版にしようかとかと思いましたが、タイミング的についカッとなって紙のを購入。
 あとでKindle版のも購入してしまいそうですが。
 これまでの航空宇宙軍史は、遥か未来の外宇宙関係と、外惑星連合との内戦関係の話が離れていますが、1巻で外惑星連合の奇襲攻撃後で大損害受けたので、外宇宙探査艦艇が内惑星系の戦争に投入されるのがメインな感じです。
 あと、この作品では宇宙艦艇に乗っている乗組員が1隻あたり数人なので、民間人と軍の乖離が今以上に激しいんだろうなと感じたり。


魔法×戦士マジマジョピュアーズ!ヒロインずかん (てれび超ひゃっか)

魔法×戦士マジマジョピュアーズ!ヒロインずかん (てれび超ひゃっか)

  • 作者: 岡本 智年
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2018/05/23
  • メディア: 単行本

 ウチの4歳娘は日曜朝で、この番組がお気にいりのようなので購入。
 この本を娘が気に入るかどうかは、これからです。

 今のところ、プリキュアとかには目もくれないんですよね。

nice!(0)  コメント(0) 

全てがScream out!とか [購入物全般]

 遅くなりましたが今月初めの博麗神社例大祭15で買ってきたものの一部。
 しかし、例大祭が始まってから、もう15年ですよ。15年。
 客とか減ってませんし、若いファンや海外ファンも明らかにまた増えてます。


Scream out! 〜Tribute Party〜[東方Project]

Scream out! 〜Tribute Party〜[東方Project]

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: 東方Project
  • メディア: CD


 東方ユーロビート系でも名曲な「Scream out!」を色んな東方系アーティストでアレンジして歌ってみた。
 これは良いです。
 同じ曲なので、それぞれのアーティストの特徴が良く出てて面白いかと。


NANA HOLIC II[東方Project]

NANA HOLIC II[東方Project]

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: 東方Project
  • メディア: CD

 SOUND HOLICの看板ボーカルの一人、NanaTakahashiだけのベストCDその2。
 どうしても、その1に比べて有名な曲は少なくなって、アレンジ替えとかも多いですが、テンポが良い気分的にノレる曲ばかりなことは間違いありません。

nice!(0)  コメント(0) 

読んでて年を取ったと感じました [購入物全般]

枢軸の絆 (Band of AXIS)

枢軸の絆 (Band of AXIS)

  • 作者: 内田 弘樹
  • 出版社/メーカー: イカロス出版
  • 発売日: 2018/02/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

 MCあくしずの名物連載が、ついに単行本化されました。
 その出来の良さについては、NHKラジオで紹介されたりと、今更私が語るまでもないでしょう。
 ただ私にとっては、MCあくしず創刊号に掲載された連載最初のインド国民軍の話から知っているだけに、経過した年月の重みに感慨深いです。
 もう、あれから10年以上経ってしまったのですよ。
 私も年をとって子供が出来ましたし、著者の内田さんとEXCELさんにも子供が出来てます。
 ミリタリーの中でも異端だった筈の、この本もほぼメインストリームになってしまってます。
 何はともあれ、遅ればせながら出版おめでとうございます。
 

nice!(0)  コメント(0) 

読者の殆どが「なんじゃ?これ?」と思うであろう作品 [購入物全般]


(一応、この作品は18禁です)

 この本は読んだ大抵の人が「なんじゃ?これ?」と思うであろう尖った怪作です。
 「せっかくチートを貰って異世界に転移したんだから、好きなように生きてみたい」という長い題名のとおり、異世界転生モノではあります。

 で、どんな展開かというと

「主人公がひたすら異世界で毎日風俗店で遊びまくる。以上
 本当にこれしか言いようがないです。
 異世界転生したからといって、チート能力なんて滅多に使いません。

 毎日、風俗店に通い続けて、その合間にちょっとづつイベントが進むだけです。
 そんな展開なのに、読んでる手を離さずに引き込まれます。
 面白いです。


 思わず元の投稿版の方も徹夜して読みこんでしまいました。
 「風俗店遍歴記」「ロボットバトル」「芋虫とダンゴムシと一緒にほのぼの家庭菜園」がこの話の三本の筋ですが、メインは「風俗店遍歴記」で後はオマケです。


 イラストが水龍敬なのもピッタリです。
 水龍敬の作風は代表作の


みたいに「おバカな世界でのおバカなビッチやオープンセックス」が特徴ですが、この世界は「セックスが大っぴらで娼婦の社会的地位も高い」「毎年、各国代表が集まって大々的なセックス大会」とかのおバカな感じなので、水龍敬の雰囲気で大変にあってます。


 昔のシュールなおバカ系エロゲーが好きだった人には特に刺さるのではないでしょうか。

 とにかく「怪作」であることだけは保証します。
 読んだ人は大抵衝撃を受けるキレまくりの作品かと。

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。