So-net無料ブログ作成
検索選択
購入物(その他) ブログトップ
前の10件 | -

結局、新しいXbox360購入 [購入物(その他)]

 結局、ついカッとなって新しいXbox360を購入してしまいました。

 

 このセットは、本来なら29,800円のHDD付きのにソフト2本付いて、下のグレードのと同じ値段の19,800円で販売してるというセットで、出てからは速攻で売り切れて、amazonではプレミア付きで得られている状況なので、見つけて即購入。
 今買わないと、手に入る可能性は無いだろうと思いましたので。

 早速、起動したところ、前のよりは圧倒的に快適です。
 これから、どれだけ使うんだ?という疑問はありますが、迷宮クロスブラッドがきちんと動くだけでも満足。

 しかし、こんなセット出すぐらいなので、Xbox360のゲーム機としての寿命もそろそろ終わりなんでしょうね。

 


台湾海峡一九四九 [購入物(その他)]

台湾海峡一九四九

台湾海峡一九四九

 

 遅ればせながら読みました。
 今まで何で読んでなかったのかと後悔する程の本。

 台湾についての本は外省人に抑圧を受けた本省人についての書籍が多いですが、こちらは1949年に共産党が大陸制覇した際に台湾に逃げてきた外省人達の悲惨過ぎる人生の境遇がメインのドキュメンタリーです。
 著者の母親も兄にあたる生まれたばかりの赤ん坊と二人だけで台湾に逃げた人で、母親が1949に台湾に逃亡した際に体験したことから次々と連鎖して、話が進んでいきます。

 この本では、よくぞまあそんな凄まじい境遇の人を探しだせたな、というレベルのインタビューを沢山してます。
 外省人に限らず、大戦中に南方で連合軍捕虜の監視人してた台湾人少年兵や、満州国に移民していた台湾人とかのインタビューとかもあります。

 悲惨な描写は沢山ある本ですが、不思議と前向きさもあって読んでいて憂鬱になってくる度合いは少ないです。
 「国共内戦時に5000人の先生と学生が疎開して、徒歩で中国大陸横断してベトナムに着いた時には300人に減ってたけど、ベトナムの収容所で授業再開した」
とか、そんな感じのノリの話ばかりですし。
 

 ある意味悲惨な亡国の末期戦属性なら絶対読むべき本。
 軍事知識がなくても問題なく読めますが、軍事的知識があると背景とかが判って、更に深く内容を読み込めます。

 幾つか印象的なことを箇条書き。

・国民党政権の大陸喪失後に中国沿岸で跋扈した「反共救国軍」
 機帆船に乗った金門島などを根拠地にして大陸を襲撃していたゲリラのようなもので、給料出ないので通りかかった外国船襲って海賊行為で補給。
 兵員補充は大陸の村襲って男達を誘拐して、兵役適齢なのは金門島の正規軍に補充として送って、少年は自分達の補充兵にしてた武装集団。
 1955年以後はきちんと国から給料も出るようになったので海賊行為は止めますが、その後も大陸への秘密襲撃作戦で多大な損害を出します。
 13歳で大陸沿岸で「反共義勇軍」に攫われて少年兵として戦い、実家に帰れたのが1989年という人にインタビューしてます。

・日中戦争で捕まった中国軍捕虜で遠くラバウルまで送られて強制労働させられていたのが居たとは。
 当然、犠牲者沢山です。

・負けた側として国共内戦での共産党軍の残虐行為も描いてますが(その為にこの本は大陸では発禁)、それ以上に自分たち国民党軍の悪行もきちんと書いてます。
 日中戦争後半や国共内戦での国民党軍の兵士補充は、手近な農村で男や子供を強制的に集めて沢山集めた奴が小隊長とか分隊長に出世できるという北斗の拳のサウザー聖帝軍みたいなのが珍しくなかったので、強制的に親から引き離された十代以下の少年兵が珍しくなく、台湾に逃げることが出来た国民党軍兵士にもそんなのが沢山居て、軍隊も その扱いに苦慮してたりします。
 台湾に逃げてきた国民党軍は台湾人に高圧的に振舞ったとか評判は良くないですが、その兵士たちのかなりの部分が農村とかから誘拐同然に徴兵され て、訳の判らないうちに台湾について二度と大陸の故郷に帰れなくなりました、という教育もない少年兵だったりするので、やるせないです。
 そんな悲惨な境遇の元少年兵達へのインタビューが幾つもあります。

・強制的に徴募した兵士たちの脱走を防ぐために、夜はズボンとパンツを取り上げて下半身裸で野営して、恥ずかしくて逃げれないようにしてましたが、それでも逃亡者は続出したようです。

・ベトナムに逃げた国民党軍の話で好きなのは、ベトナム国境でフランス軍に武装解除された時に軍楽隊が徒歩で持ち歩き続けてきたホルンとかの楽器は武器じゃないとフランス軍が判断して、収容所では音楽が耐えなかったという話

・日本軍が捕虜監視要員として台湾人少年を動員した時の訓練に「ビンタの訓練」なんてのがあった時点で、後の戦犯裁判とかに繋がるの当たり前

・日本の敗戦で台湾に初めて進駐した国民党軍がボロボロで失望を呼んだのは、今では台湾の教科書にも載ってるそうですが、実際に第一陣として駐留した国民党軍第70軍がどれだけ悲惨な戦歴の部隊なのかも生存者の証言で解説してます。
 第70軍は靴さえ支給されず、草鞋を自分たちで作って履いている部隊だったそうで、そりゃボロボロですよね。
 あと台湾に来る前に、終戦後も日本軍&汪兆銘政権の中国軍と共産軍の間で激しい戦闘が繰り広げられていた寧波を接収するため、徒歩で強行軍で行軍し、ようやく寧波の騒乱を鎮めたら、準備期間もなく突然アメリカ軍の船に乗って台湾に行け、ですから何も整える余裕はなかった訳で。

・アメリカCIAが実行していた大陸から逃げてきた中国人にサイパンで訓練を施して、中国本土に隠密降下させた作戦は全く効果を上げず優秀な人材の無駄死にに終わりましたが、その訓練を受けてた人も探しだしてインタビューしてます。


 とにかく、かなり中身も充実しきって濃い本です。
 あとがきにあるように、軍事的な誤りとかも、後に出てきた当時の証言とかで補完して修正され続けているようですし。


新しい車を買いました [購入物(その他)]

 車の購入について、色々と試乗とかして最終的にトヨタiQホンダN BOX+のどちらにしようか迷ってましたが、急転直下でiQに決まりました。
 理由は親戚がトヨタネッツ系列のディーラーやっている事を今更知ったので、車を買うならトヨタ系のそっちでどう?という話になったので。

 今までは、

「車としてまともで融通がきくN BOX+を選べと理性は叫んでいても、感情としては尖った車のiQを捨て切れない」

という心理的状況だったのが、

「親戚の付き合い上、トヨタの車を買うしか無いんだ。けれどもトヨタで欲しい車はiQしか無いんだ。iQは普通の人には馬鹿にされる車だけど、トヨタで買いたいのがiQしか無いので仕方ないよね~」

という言い訳が出来るようになったので仕方がありませんよね(嬉しそうに)

 正直、iQは好き嫌いが別れる車で、価格.comのiQレビューyahoo自動車のiQレビューも絶賛か貶しまくりの両極端の意見しかなくて笑えます。
 私は実際に試乗してみて惚れました。

 中古車でもiQの流通量は極めて少ないですが、「売れてないので、そもそも市場に出回ってない」「購入した人は惚れ込んで手放さない傾向あり」の理由だそうです。

 iQとN BOX+はどちらも素晴らしい車であることは確かで、私の今回の選択は「人生において自分は車に何を求めるのか?」という事になり、iQを選んだということは普段の1人か2人の運転を優先で「何かあった時の荷物運搬」とかを完全に捨てている選択になります。
 嫁さんが世界一頑丈な車の眷属なトヨタのハイラックスサーフに乗っていて、家族での共有などを捨てて構わないので出来た選択でもあります。

 価格は100Gの新車で色々と付けて各種税金とか込みで178万円。
 売れない車のため、ほとんど受注生産に近く、納車は2ヶ月後。
 納車を楽しみにしています。 

アドレス帳移動で死亡 [購入物(その他)]

 昨日、ドコモ携帯の方をGoogle携帯のHT-03Aに変えました。
 ポイントも入れて7000円ほどでゲット。
 普通のドコモ携帯が5~6万円なので破格ですね。
 料金系統は少し高めでも充分おつりが出ます。
 買えた理由はこれまで使っていた携帯がノキアのNM706iですが、完全に日本から撤退するようなので>「ノキア」が日本国内での携帯販売から撤退、220人の削減も

 HT-03Aはちょっと使っただけですが、かなり良い端末かとは思います。
 まだ色んなチューニングや設定はしてませんので、まだ真価は判りませんが。

 しかし機種変更の時にアドレス帳の移動が出来なくて非常に困りました。
 前の機種がNOKIA NM706iというあんまり無い機種だったので、店員さんとかに聞いてもやり方判りませんでしたし。
 色々と調べても判らず、もう仕方ないのでNM706iからSDカードに1件づつ手動でアドレス帳データをコピーして、そのSDカードをHT-03Aに差し込みなおして、また1件1件移動していくという作業をやって、ようやく百数十件のアドレス帳を移し終わりました。
 疲れた。
 
 しかし、アドレス帳から一件一件移していると、
「あ、これ昔の彼女だ」
とか気づいて思い出してしまって気分が沈んできたりw
 今では連絡が取れない人も多いですし。


2000円の女 シャマル [購入物(その他)]


 このフィギュア池袋のポストホビー60階通り店で、定価10280円のところ2000円で山積み状態で売られているという情報を得たので思わず欲しくなり、私は行けなかったのでマイソフさんに代理ゲットして貰いました。
 土曜日に直接お会いして受領します。
 
 しかし、やはりシャマル先生は人気が無いのでしょうか。
 ただ人気があって爆売れ状態だったら、逆にシャマル先生らしくないので、非常にあのキャラらしいと思いますw


今日の購入物(2009.7.19) [購入物(その他)]

 

 今持ち歩き用に使っている耳かけ式イヤホンが壊れたので、車を修理に出したついでに購入。
 公式ページにあるとおり変わった折りたたみ機構を持っています。
 音質とかもお値段の割りに悪くは無いと思います。

 ただコードとかが少し安っぽいので、ハード的に1年間持つかどうかは微妙な気が。


今日の購入物(2009.7.9) [購入物(その他)]

 結局、デスクトップPCの方はHDDだけを入れ替えることにしたので、こちらを購入。
 SSD化も迷いましたが、容量が足りないのでHDDすることに。
 しかし、今のHDDとSSDの関係ってWW2終了前後のレシプロ機とジェット機との関係に似てますね。
 SSDの方が全般的にも将来的にも優れていても、優れたHDDは半端なSSDよりも強いという感じで。

今日の購入物(2009.7.5) [購入物(その他)]

 現在使っているデスクトップPCのXPが長らくつかってきたせいで反応が思い切り鈍くなってきました。 
 せっかくなのでOSをアップグレードしようかと思い、Windows 7 アップグレードクーポン付きWindows Vista SP1HPを買ったのですが、アップグレード最初の方で 

「Windows のインストールを閉じてから、デバイスの製造元に問い合わせて、次のデバイスの最新ドライバを入手してください: 

○ディスク ドライブ: �・・・・�・・・・・・・・USB Device 

この互換性レポートは現在のデスクトップに保存されます。 」 

というメッセージが出てインストール中断する羽目に。 
 うーん、色々と仕切り直しの時期なのかなあ、と。 

 しかし現時点でもCPUがIntel Core 2 Duo E6750なんで、あんまり悪くは無いと思うんですけどねえ。 
 少し古くなったとはいえ現時点でも、 

・CPU Intel Core 2 Duo E6750 
マザーボード GIGABYTE GA-G33M-DS2R 
・ビデオカード 玄人志向 GF8600GT-LE256HD 
・メモリ 4G 
・HDD 1T 

は悪い性能では無いと思いますし、変えるとしても一部だけで良さそうな気も。 
(正直、個人的には最近のIONベース程度の性能で充分) 
 私のPCはスリム型なため消費電力を少なくしておきたい(可能ならば現在と同じ65W以下)ので、それだけで選択肢がかなり狭められます。 
 一度AMDのCPUでも組んではみたいのですが、消費電力量が多いだけで対象から外れたり。 
 どうしようか迷ってはいます。 
 バックアップとかも面倒くさいですし、出来れば安く済ませたいですし。
 HDD交換のみあたりが妥当なのかも。


今日の購入物(2009.3.14) [購入物(その他)]

 そんなわけで結局iPhone3G 16Gを買ってしまいました。
 あーあ、金使いすぎ。
 ただ、ちょこちょこ弄っているだけでも楽しい端末ではありますね。


今日の購入物(2009.2.15) [購入物(その他)]

 というわけで買ってしまいました。

Transcend 2.5インチ SATA SSD MLC 64GB TS64GSSD25S-M

Transcend 2.5インチ SATA SSD MLC 64GB TS64GSSD25S-M

  • 出版社/メーカー: トランセンド・ジャパン
  • メディア: エレクトロニクス

前の10件 | - 購入物(その他) ブログトップ