So-net無料ブログ作成
検索選択

今日の購入物(2016.7.11) [購入物全般]




HUNTER×HUNTER 33 (ジャンプコミックス)

HUNTER×HUNTER 33 (ジャンプコミックス)

  • 作者: 冨樫 義博
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2016/06/03
  • メディア: コミック

 ようやく出ましたね、こちらも。 このシリーズはKindleできちんと読み直してみたくなったので、紙版も持ってますが、kindleでモノクロ版も取りまとめて購入してPaperWhiteの方に放り込んだり。
 どうせ新刊もすぐには出ないでしょうし。


 


今日の購入物(2016.7.9) [購入物全般]

 無印良品の人をダメにするソファの更に大きなのを購入。
 子供は、無印良品のソファと同じく飛び込んで喜んでます。




Yogibo Support (キャメル)

Yogibo Support (キャメル)

  • 出版社/メーカー: Yogibo
  • メディア:


今日の購入物(2016.6.24) [購入物全般]

 


 何かピンとくるものがあったので、Amazonで前から頼んでたのが来ました。 
 面白ければ儲けもの、外れても、それはそれで良し、と思って購入しましたが、意外と3Dダンジョン系ハクスラRPGとして、非常に面白くてアタリでした。
 その面白さの表現が表現しにくいので序盤の体験版とか欲しいところであります。
 話の雰囲気も、今風に脱色して穏やかになる前の、残酷さ残した原形の西洋民話という感じです。

 あとトロフィーが短文の連続で全部集めると、一つのお話になるっぽいのも面白いです。

 当分は、逆転裁判6とかほっぽらかして、このゲームを頑張る予定。

 


今日の購入物(2016.6.18) [購入物全般]

 ウチの娘が魚とか水族館見せると喜ぶので、騒いだ時に大人しくさせるために魚のDVDを購入。
 とりあえず、見せてみたら、それなりの効果はある模様です。



 
映像としては良いんですが、ナレーターが魚の情報を一気に言うべく非常に早口です。


シンフォレストDVD 日本の淡水魚 DVD映像図鑑

シンフォレストDVD 日本の淡水魚 DVD映像図鑑

  • 出版社/メーカー: 竹緒
  • メディア: DVD

 
こちらのナレーターの方は普通の速度で、それほど早口では無かったです。


今日の購入物(2016.6.9) [購入物全般]


逆転裁判6

逆転裁判6

  • 出版社/メーカー: カプコン
  • メディア: Video Game
 長期間の出張から帰ってきたら、ちょうど今日が発売日の逆転裁判6が届いてました。

 間違えてAmazonで2つ注文してたので、同じが重複して届いてましたので2つ表示を。

 それよりも前作の逆転裁判5が4話で止まってるので、さっさとクリアしないと。


WW1塹壕戦でのトイレ [購入物全般]

 5/5のコミティアで買った同人誌でドンナーバルケンとプランプスクローゼットは、かなり面白かったです。

 第一次大戦での塹壕戦でのトイレ事情についての同人誌です。
 時代背景上、20世紀初めころのヨーロッパのトイレ事情の解説本でもあります。
 今の清潔なトイレ事情になれた日本人からすると、不潔でかつプライバシーもなくて、とても生活したくありません。
 とりあえず昔の兵士の日常生活に興味がある人なら、ミリタリー系でなくとも「絶対に読め」と言いたくなる同人誌ではあります。

 あとは、ドイツを中心とした軍事系料理再現本な、クッキングナチ 総集編 1/2/3/4も、これまでのがまとまってて非常に良かったです。 


今日の購入物(2016.4.28) [購入物全般]

 都内で飲み会のついでに、色々と購入。

 今まで日本語資料が無かったイランのF-14トムキャットの活躍についての本。
 「全然活躍できなかった」という話が多いイラン・イラク戦争でのイラン空軍の大活躍が書かれてて燃えます。
 密かにイラクに派遣されていたソ連や東ドイツやエジプトとかの戦闘機とかとも戦って勝利してたりで、表の歴史には出てこない戦争についても、平気で書かれてて「え?」と感じる事もしばしば。
 現代空戦に興味があるミリオタの人向けには「絶対買え」というレベルの本。

「東国の城」の進化と歴史

「東国の城」の進化と歴史

  • 作者: 西股 総生
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2016/04/26
  • メディア: 単行本

 歴史群像の連載の戦国の城の中で、関東甲信越の城を集めて、その地方の戦国時代の戦争の移り変わりなども含めて、総括的に解説してる本です。
 相変わらず、このシリーズに共通でカラーの城の縄張りイラストが判りやすくて面白いです。

図説 徹底検証 アメリカ海軍の全貌 対中国作戦と新型軍艦 (Ariadne military)

図説 徹底検証 アメリカ海軍の全貌 対中国作戦と新型軍艦 (Ariadne military)

  • 作者: 河津幸英
  • 出版社/メーカー: 三修社
  • 発売日: 2016/04/29
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

 「軍事研究」に連載されてた現在のアメリカ海軍の新兵器とかをまとめた本。
 アメリカ海軍の新兵器とかは、普通の人の考えるSFの世界を超えてるのが、良く実感できます。
 それと連載時の記事がカラーだったので、モノクロで書籍化されると見にくいグラフとかも多かったり。

地下からの贈り物―新出土資料が語るいにしえの中国 (東方選書)

地下からの贈り物―新出土資料が語るいにしえの中国 (東方選書)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 東方書店
  • 発売日: 2014/06
  • メディア: 単行本
 最近、発掘された木簡や青銅器の文字資料から、正史等に書かれてない古代中国についての本です。

 しかし、木簡とかで昔の税金計算間違いとか今に晒されてしまうのですね。

古代ギリシャのリアル

古代ギリシャのリアル

  • 作者: 藤村 シシン
  • 出版社/メーカー: 実業之日本社
  • 発売日: 2015/10/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

グラゼニ~東京ドーム編~(6) (モーニング KC)

グラゼニ~東京ドーム編~(6) (モーニング KC)

  • 作者: アダチ ケイジ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/04/22
  • メディア: コミック

東方鈴奈庵 ~ Forbidden Scrollery.(5) (角川コミックス)

東方鈴奈庵 ~ Forbidden Scrollery.(5) (角川コミックス)

  • 作者: 春河 もえ
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2016/04/26
  • メディア: コミック

今日の購入物(2016.4.2) [購入物全般]

 今日は数年ぶりに評判も高い焼肉屋のスタミナ苑に昼間から並んで行ってきたリ。
やはり美味しかったですね。値段は高かったですが。

軍事研究 2016年 04 月号 [雑誌]

軍事研究 2016年 04 月号 [雑誌]

 色んな現代の軍事や国際情勢のネタが沢山入ってて、リアルの方がおかしい事を実感できる雑誌です。

 今回のネタでは、中国軍事産業は民需の方が売り上げ多いとか、中国語ハッカーは「黒客」ですが「黒」は中国語ではイメージの悪い色なので、中国軍では自軍のハッカー部隊を「紅客」と呼んでいるとか。

私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク

私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク

  • 作者: モリナガ ヨウ
  • 出版社/メーカー: 大日本絵画
  • 発売日: 2016/03/31
  • メディア: 大型本
 戦車の初めの話ですが、イギリスの菱形戦車が出てくるまでの話が大部分です。

 最初の頃の戦車の工業製品としてのいい加減さの大変さも良く表現されてます。

レオパルトI戦車写真集 (HJ MILITARY PHOTO ALBUM)

レオパルトI戦車写真集 (HJ MILITARY PHOTO ALBUM)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2016/03/24
  • メディア: 大型本
 日本で初めてに近いレオパルト1の専門本。

 やっぱり名城犬朗さんが関わってましたか。

日本陸軍の船艇: 上陸用、輸送用、護衛用、攻撃用各船艇から特殊船まで

日本陸軍の船艇: 上陸用、輸送用、護衛用、攻撃用各船艇から特殊船まで

  • 作者: 奥本 剛
  • 出版社/メーカー: 大日本絵画
  • 発売日: 2016/03/31
  • メディア: 大型本
 題名の通りの本です。

 大戦中に日本陸軍が運用した各種船艇について、現時点で最も包括的にかつ詳しくまとめた本になります。

中国4.0 暴発する中華帝国 (文春新書)

中国4.0 暴発する中華帝国 (文春新書)

  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2016/03/18
  • メディア: Kindle版

今日の購入物(2016.2.25) [購入物全般]

百姓貴族 (4) (ウィングス・コミックス・デラックス)

百姓貴族 (4) (ウィングス・コミックス・デラックス)

 相も変わらず農業についての綺麗な面からも汚い面からも描いた農業エッセイの傑作。

 しかし、この作品も連載開始から10年になるのですね。

F.S.S. DESIGNS 5 LITTER.pict

F.S.S. DESIGNS 5 LITTER.pict

  • 作者: 永野 護
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2016/02/22
  • メディア: 単行本
 FSSからモーターヘッドが無くなってしまった事に未だ違和感バリバリの古い人間ですが、今回は「騎士」という強化人間設定のお話しなので、拒絶感なく読めたり。
 今の防水Androidタブレットが古くてバージョンアップも出来ないのと、KindleFireタブレットが重くて、かつ容量も少ないので、両方を置換するために購入。

 適当なフリーSIMを入れて外でも動けるようにします。
 使い勝手は極めて良好です。
 128GのSDカードで容量も増やしてますし。


応天の門 [購入物全般]

 最近はKindleでまとめ買いした「応天の門」が面白くて何回も読み返してます。

 題名の通り「応天門の変」近くの頃の平安時代が舞台で、壮年の在原業平と少年の菅原道真が様々な怪事件を解決していくという話です。
 後世に最終的に道真も対決することになる藤原家嫡流の藤原良房と基経の親子が悪役的なポジションですが、それがメインではなく、「良い話」的なエピソードが多くて、気分が洗われます。
 4巻では伴善男の夢見の話が気に入ってたりします。
 歴史考証的にも、歴史学者の本郷和人氏がコラム書いてたりで、やたらしっかりしてます。

 もうじき5巻も出るようなので楽しみです。