So-net無料ブログ作成

個人的な2014やる夫系ベスト [やる夫系紹介]

 2014年はゲームは「艦隊これくしょん」がその牙城を守りきった感じです。
 ポスト艦これを目指したゲームは幾つもありましたが、ことごとく自爆に近い状況で崩れて、艦これの優れた対応が浮き彫りにされたというか。
 艦これも色々と悪い点はあり、それを激しく責めるユーザーもいますが、他のゲームはそれ以下な訳で。

 個人的には「御城プロジェクト」が面白いゲームだと思ってて、艦これが幾つもの艦船でやらかしたように「マイナーな城を城プロが出したイメージで一般的に固定してしまう」事が出来るかと思ったら、年末の最初のイベントで運営がやらかしてしまって、難しいことに。
 本当、城プロについては勿体ないというか。

 さて、やる夫スレの方では、個人的な2014でのベスト3は下記かと思ってます。

・魔法少女 文化汚染(サブカル)なのは(仮)
 前も紹介しましたが、今はあのノリのままで話がA's編に突入してて更に大混乱に。
 なのはがハードSFオタ、フェイトがスターウォーズオタ、はやてがハイファンタジーオタになってしまった世界で、起こる事件は原作通りでも話の展開がお笑いに。

【安価】やらない夫は3分間を戦い抜くようです【死に戻り】
 2014開始かつ完結な作品ですが、更新も非常に早く長い作品です。
 種別としてはオリジナル安価系SFダークファンタジーでしょうか?

 この話の舞台は、物理法則を無視して様々な物質を生産する謎の鉱石「妖精石」が存在し、人々は仕組みも原理も理解しないまま、妖精石によって作られた食料を食べ、妖精石によって作られた道具を用いており、科学を「発明」しようとする人間は排斥される世界。
 そんな世界の話がまともな訳はなく、裏設定はかなり凄惨です。

 タイトルに【死に戻り】とあるのは、バトルで主人公が死んでもペナルティ付で復活できる設定だったからでしたが、結局、作中では主人公は一回も死にませんでした。
 その分、「死んでもOK」なバランスで戦われる毎回の安価バトルは、ギリギリのも多く手に汗を握ります。

 あと安価でアドリブ的に話を作っていく作者の能力も高く、多数決安価で同数1位が出てしまった時の展開とか、この話の根幹設定な「サーバ」の設定さえ、スレでの発言で突然プロットが出てきたと聞いた時は驚きました。
 
 同作者のこの次の作品で現在継続中の【安価】できない夫は108の物語を満たすようです【死に戻り】も、現在ホラー系として非常にドキドキさせられて面白いです。


やる夫のセンチメンタルデスクリムゾン
 昔の伝説のゲームなセンチメンタルグラフィティとデスクリムゾンの両方を悪魔合体させた発想だけでも恐ろしいスレ。
 でも、そんな内容でありながら、格好良さとお笑いと原作リスペクトもきちんと生かしているなんて、何者ですか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。