So-net無料ブログ作成

やる夫系は長い話が多いです [やる夫系紹介]

 やる夫は青い血を引いていたようです 雑談所短編「最後の戦争・国・親子・土地・・・」は、「やる夫は青い血を引いていたようです」シリーズの外伝で、登場人物たちの子孫の1945年3月の話です。

 「やる夫は青い血を引いていたようです」は中世ドイツの架空の選帝侯国が舞台なので、1945年が舞台ということは、ナチスドイツ敗北寸前の修羅場な訳で、それはもう切ない話に。
 ただ話としては、かなりお見事です。

 本編も前と比べて面白さは劣ってませんが、いつ終わるのか全く終わりが見えません。
 ただでさえ異常に長い話なのに。

 あと、やる夫系長編で最近読みなおしてしまったのは、やる夫は魔星達の魁のようです
 吉岡平の妖世紀水滸伝が原作ですが、元ネタ読んでなくても問題なく楽しめます。
 現に私も元ネタ読んだことないですし。

 ただ、この話も面白いんですけど、最初のスタートアップが少し冗長な感じも。
 第10話でユウナとその幼女家臣団が登場するあたりから、一気に面白くなるんですが。

 とにかく面白いやる夫系スレがあっても、長いのって人には薦めにくいです。
 更新中心でエターになってることも多いですし。

 そんな訳で、それなりに最近の話であまり長くなくて、完結してて、出来も問答無用で素晴らしくて薦められるのは、やる夫は狂えるオーク戦士であるようです

 主人公は脳筋のオークで、安価スレは彼に「精霊さんが助言してる」という設定で、脳筋キャラに頭脳バトルをやらせる、という設定はお見事。
 安価スレであることを活かした最終決戦の盛り上がりも燃えすぎ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。