So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

読んでて年を取ったと感じました [購入物全般]

枢軸の絆 (Band of AXIS)

枢軸の絆 (Band of AXIS)

  • 作者: 内田 弘樹
  • 出版社/メーカー: イカロス出版
  • 発売日: 2018/02/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

 MCあくしずの名物連載が、ついに単行本化されました。
 その出来の良さについては、NHKラジオで紹介されたりと、今更私が語るまでもないでしょう。
 ただ私にとっては、MCあくしず創刊号に掲載された連載最初のインド国民軍の話から知っているだけに、経過した年月の重みに感慨深いです。
 もう、あれから10年以上経ってしまったのですよ。
 私も年をとって子供が出来ましたし、著者の内田さんとEXCELさんにも子供が出来てます。
 ミリタリーの中でも異端だった筈の、この本もほぼメインストリームになってしまってます。
 何はともあれ、遅ればせながら出版おめでとうございます。
 

nice!(0)  コメント(0) 

読者の殆どが「なんじゃ?これ?」と思うであろう作品 [購入物全般]


(一応、この作品は18禁です)

 この本は読んだ大抵の人が「なんじゃ?これ?」と思うであろう尖った怪作です。
 「せっかくチートを貰って異世界に転移したんだから、好きなように生きてみたい」という長い題名のとおり、異世界転生モノではあります。

 で、どんな展開かというと

「主人公がひたすら異世界で毎日風俗店で遊びまくる。以上
 本当にこれしか言いようがないです。
 異世界転生したからといって、チート能力なんて滅多に使いません。

 毎日、風俗店に通い続けて、その合間にちょっとづつイベントが進むだけです。
 そんな展開なのに、読んでる手を離さずに引き込まれます。
 面白いです。


 思わず元の投稿版の方も徹夜して読みこんでしまいました。
 「風俗店遍歴記」「ロボットバトル」「芋虫とダンゴムシと一緒にほのぼの家庭菜園」がこの話の三本の筋ですが、メインは「風俗店遍歴記」で後はオマケです。


 イラストが水龍敬なのもピッタリです。
 水龍敬の作風は代表作の


みたいに「おバカな世界でのおバカなビッチやオープンセックス」が特徴ですが、この世界は「セックスが大っぴらで娼婦の社会的地位も高い」「毎年、各国代表が集まって大々的なセックス大会」とかのおバカな感じなので、水龍敬の雰囲気で大変にあってます。


 昔のシュールなおバカ系エロゲーが好きだった人には特に刺さるのではないでしょうか。

 とにかく「怪作」であることだけは保証します。
 読んだ人は大抵衝撃を受けるキレまくりの作品かと。

nice!(0)  コメント(0) 

予言の経済学 [戯れ言]

 2017年で個人的に一番面白かった小説は問答無用で、予言の経済学 〜巫女姫と転生商人の異世界災害対策〜
 つい再読してしまい、他の作業をほっぽらかして、睡眠不足になってしまった事も何回あったのやら。
 私にとってはかなりの時間泥棒でした。
 個人的にハマった理由は幾つかありますが、


・一つの悪しき予言を対抗して無効化したと思ったら、またすぐに次の悪い予言が、という感じで中だるみが少なく、一気読みせざる得ない話作り。基本的に敵との戦いが頭脳戦で、その展開も目が離せません。
・転生主人公の頭の良さや説明語りのうざさは、転生モノの常として鼻につくけど、それが周りから見ると主人公の個性となってて、それによるテンポも良かったこと。
・異世界転生でハーレムものになってしまう事例多いですが、さしたる理由無しのハーレムものがダメな私にとっては、最初からメインヒロイン決まっていた話であったこと。途中の展開で、やろうと思えばいくらでもハーレム展開は行けたのに。
・転生主人公により、その周りの振り回されている側の迷惑さもよく描かれていて、しかも彼らが極めて有能なのを主人公も認めてる。
・再読するとよく判る事ですが、終盤の突飛と思える主人公の行動も最初の方から伏線張られてる事。


 先日、後日談「悪魔の神器」も終わって名実ともに完結しました。
 何にせよ、素晴らしい作品だったので書籍化も希望したいなと。
 

nice!(0)  コメント(0) 

今日の購入本(2018.1.9) [購入物全般]

子育てビフォーアフター 2巻 (バンチコミックス)

子育てビフォーアフター 2巻 (バンチコミックス)

  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2018/01/09
  • メディア: Kindle版
子育てビフォーアフター 2 (BUNCH COMICS)

子育てビフォーアフター 2 (BUNCH COMICS)

  • 作者: 吉川 景都
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2018/01/09
  • メディア: コミック


 ええ、1巻に引き続きまたもやKindleと紙の本を両方買ってしまいましたよ。
 それだけの価値あると思ってますので。
 子供が生まれてからのビフォーアフターを描く本ですが。
「コミュ障独身者から見て子供持ちはコミュ力強そうに見えるけど、親の内心としては全然そんなことない」
というのを良く表現してくれてます。
 人が年齢重ねても内心では昔のまま進歩してないように、親になってもそれは同じなのですよ。
 3巻も楽しみです。

nice!(0)  コメント(0) 

2018年の運勢 [戯れ言]

 あけましておめでとうございます。
 去年は色々とありました。
 ブログとかに更新するのも久しぶりだったり。

 では毎年恒例のモナー神社(http://www.dawgsdk.org/monashrine/)のおみくじを。

【末吉】 (No.44263) モナー神社
願事 : 遅かれど思う通りになるべし
待人 : 来ず ただし便りあり
失物 : 少し遅れるがやがて出る
旅立 : 道近ければ吉
商売 : 見込み確かなれば儲け有り
学問 : 怠ると危うし
争事 : 急いては勝ちがたし 緩々してよし
転居 : 十分ならず 見合わせよ
病気 : 重し 十分養生せよ
縁談 : 思い相手方へ通ぜず調い難し

 ああ、今の人生で色々と思い当たるところはあったり。
 占いとは勝手に自分が当てはめて納得する面はあるとはいえ、ちょっと。
 何はともあれ今年もよろしくです。

nice!(0)  コメント(0) 

男塾ってギャグマンガだったんだなあと [購入物全般]

男塾外伝 紅!!女塾 1

男塾外伝 紅!!女塾 1

  • 出版社/メーカー: 日本文芸社
  • 発売日: 2015/09/28
  • メディア: Kindle版
男塾外伝 紅!!女塾 2

男塾外伝 紅!!女塾 2

  • 出版社/メーカー: 日本文芸社
  • 発売日: 2015/12/28
  • メディア: Kindle版
男塾外伝 紅!!女塾 3

男塾外伝 紅!!女塾 3

  • 出版社/メーカー: 日本文芸社
  • 発売日: 2016/07/29
  • メディア: Kindle版
男塾外伝 紅!!女塾 4

男塾外伝 紅!!女塾 4

  • 出版社/メーカー: 日本文芸社
  • 発売日: 2017/04/19
  • メディア: Kindle版

男塾外伝 紅!!女塾 5

男塾外伝 紅!!女塾 5

  • 出版社/メーカー: 日本文芸社
  • 発売日: 2017/10/28
  • メディア: Kindle版

 魁!男塾の主要キャラをそのまま女性化した作品で、こないだ5巻も出ました。
 主人公の剣桃太郎とかを全て美少女にしてます。
 残念ながら江田島塾長は男のままですが。
 話も男塾そのまんまですが、キャラが女子化するだけで笑えます。
 元の話を知ってると特に。
 男塾ってギャグ漫画だったんだなあと改めて実感しました。

nice!(0)  コメント(0) 

子供生まれると変わりますよね

子育てビフォーアフター 1 (BUNCH COMICS)

子育てビフォーアフター 1 (BUNCH COMICS)

  • 作者: 吉川 景都
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2017/09/08
  • メディア: コミック
子育てビフォーアフター 1巻 (バンチコミックス)

子育てビフォーアフター 1巻 (バンチコミックス)

  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2017/09/08
  • メディア: Kindle版


 元々はTwitterで知られるようになった子育てビフォーアフターですが、幼児の育児をしている身としてえらく心に刺さったので、kindle版と書籍版の両方を買ってしまいました。
 子供が生まれた直後は大した変化があるとは思えなくても、気が付いたら昔と違っている点や、子供を持たない時には判らなかった世の中の仕組みの幾つかが判っていく過程とかは正に「あるある」な漫画です。

 2巻も1月に出るみたいなので楽しみにしてます

nice!(0)  コメント(0) 

昨日買った食べ物本を幾つか [購入本]

海軍さんの料理帖 明治~昭和まで歴史で辿る日本海軍レシピ46品

海軍さんの料理帖 明治~昭和まで歴史で辿る日本海軍レシピ46品

  • 作者: 有馬桓次郎
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2017/08/25
  • メディア: 単行本

 有名な旧日本海軍の同人誌シリーズの「提督の食卓」の内容を抜粋して再構成した感じの商業書籍です。
 料理についての文章や写真の量は同人誌で2ページだったのが1ページになってたりで少ないですが、本としてのまとまりは後から出たこちらの方が上です。
 同人誌の「提督の食卓」も艦これやミリタリーが判らない人でも楽しめる書籍でしたが、商業本版は更にそれが優れてます。そこら辺が判らないウチの嫁さんに見せても大丈夫でしたし。
 


めしあげ!! ~明治陸軍糧食物語~(1) (角川コミックス・エース)

めしあげ!! ~明治陸軍糧食物語~(1) (角川コミックス・エース)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2017/08/26
  • メディア: Kindle版


 軍隊飯ものでの作品で日露戦争での兵卒を主人公にした作品は珍しいです。
 食事だけにとどまらず、あまり描かれない日露戦争の頃の陸軍兵士の日常生活とかを描いてる作品です。戦場での現地人とかからの食糧調達とか。
 でも色んな歴史上の人物とかか出てきたリの伏線からして、話は日露戦争後にも色々と膨らみそうですので、人気が出て話が続くことを希望します。普通に面白いですし。



漁港めしと市場めし 首都圏版

漁港めしと市場めし 首都圏版

  • 出版社/メーカー: ぴあ
  • 発売日: 2016/09/15
  • メディア: Kindle版

 首都圏近くの漁港関係で、どういうグルメ関係のがあるのかな?と買ってみたのですが、判っていたとは言え、どこも観光地価格で値段高いですね。

 その中でひときわ光る足立市場のコストパフォーマンスが光ります。
 今度行けたら行ってみようかと。

nice!(0)  コメント(0) 

現代ダンジョンに希望を持つのは明らかな間違い [やる夫系紹介]

 最近面白くて読むのにハマってた「現代ダンジョンに希望を持つのは明らかな間違い」のメインストーリーが終わりました。
 現代世界にダンジョンとかのファンタジー世界が出現してしまい、それを探索するダンジョン企業のお話で、あまり長くもなくて綺麗な終わり方でお見事です。

 現代ダンジョン系のやる夫系スレでは、過去にやる夫のダンジョン運営記という傑作ありますが、長すぎかつ話が大きくなりすぎて疲れますから、こういう中編の方が読んでて楽です。

nice!(0)  コメント(0) 

戦災等による焼失文化財2017 [購入物全般]

【新訂増補】戦災等による焼失文化財 2017

【新訂増補】戦災等による焼失文化財 2017

  • 作者: 文化庁
  • 出版社/メーカー: 戎光祥出版
  • 発売日: 2017/06/20
  • メディア: 単行本


 明治以降に国宝等に指定されたけど、戦災や火災で焼失してしまった文化財についての本です。
 文化庁がまとめてる本なので、公式オブ公式。
 ツイッターで見かけて、ついカッとなってAmazonで買ってしまいました。
 買ってから値段を見て「え?」と思いましたが。

 こんな文化財が失われてたんだ、という思いと、こんな文化財が存在してたんだ、という思いがこみ上げてくる読んでいて切なくなる本で、美術品や歴史に興味がるなら読んで損はしないでしょう。
 しかし首里城守礼門とかの沖縄の焼失文化財は沖縄戦で喪われてて、焼失日が「推定」「不明」ばかりで暗鬱になります。
 首里城に行った事あるので判りますが、沖縄戦の第32軍司令部地下壕は首里城のすぐ近くにあったくらいで、沖縄戦中でも近くに人は沢山いた筈なのに、それでも破壊された日がはっきり確定できないなんて。

前の10件 | -